2006年09月29日

捨てられた 小さな いのち

こっちの更新もしないとな〜と思って、更新しようとしたはいいがいつも変なタイミングで何かハプニングが起こるような体質でももっているのかな


昼間アパートからでてみたら、近くで にゃ〜にゃ〜 鳴き声が聞こえるのですよ
辺りを見回したら

ちょこんと まだまだ小さな 仔猫がじっと たたずんでいました

えっと、…なんでこんな所にこんな仔猫がいるんだろう@@

とりあえず粉ミルクをペットボトルのふたにいれて与えてみる。

ガツガツ

n0928001.jpg
いや、それかじるんじゃなくて舐めてほしいんだけど( ̄▽ ̄;

う〜ん、どうしたものか

家にメルいるしなぁ
仕事してて家空けてる時間もあるし、このまま連れて行っても育ってくれるかわからないし
周りは車の通りの多い道路がすぐあるし、あんな小さいから下手に動いたら危ないよな〜

しばらく迷ったけど、とりあえず動物病院へ連れてくことに。
見た感じだけじゃ、弱ってるのかまだまだ元気なのかわからないからね
(連れてく時にアパートの周りを見てまわり、他の仔猫や親猫いないか探したけれど、見当たりませんでした
道路を越えてさまよって来るなんてまずありえないので、誰かここに捨てていったんだろう)


獣医さんに見てもらった所、全くごはんたべていないようでした
いちおう栄養剤の注射ともう1本なにかの注射をうってくれて、
更には体にノミがついてるみたいだったので駆除してもらい、
仔猫用の?缶詰だしてくれて、それを食べられるかためしてみたり

これがもし食べられなかったら、ミルクくらいしかとれないことになるのでそう長くは生きられないとの事を聞いてショックを受けました…


でも、そんな心配もつかの間
元気良く アグッ と、助手の人?の指ごとくらいついていました
ゴハンをちゃんと食べられるみたいだったので、
おなかがパンパンになるくらい食べさせてあげてれば、仕事で家をあけていても大丈夫 と言ってくれました


それなら、とりあえずは育てていけるかな…
という事でしばらく様子見ながら育てていく事にしましたよ


ちなみに治療費とかは一切はらわなくてすみました(^^
なんて親切なお医者さんだ!


家へ連れて行き、
メルには悪いけどいったんケージの中にいてもらう事に

あれ〜?なんできゅうにこのなかにいれられちゃうの?
n0928003.jpg


連れて来た仔猫はちょっと大きめのダンボールに入ってもらい、
もらったゴハンを再び与えます
ものすっごい勢いで食べてくれて一安心です
しばらく食べ続けてたけど、突然食べやめて静かになりました

ん?どうしたんだろう?
急に動かなくなったけど、大丈夫かな?

n0928002.jpg

お腹辺りをじっと観察して息をしてるか確認


よし、大丈夫
お腹いっぱい食べて満足したのか、今度は死んでしまったかのようにぐっすり寝続けてました

たま〜に、突然鳴き出してどうしたのかと思ったけど、またすぐ眠ってましたw

お仕事もあったのでいない間に大きな声で鳴き出したり、具合悪くなったりしないか心配だったけど、行くしかないのです( ̄▽ ̄;


果たしてちゃんと大きく育ってくれるかどうかわからないけど
がんばっていけたらなと思います

ニックネーム みる at 03:05| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ずいぶんと小さな子をめぐりあいましたね。
これも何かの運命なんだと思います。
気持ちメルちゃんに似ている感じになりそうですよねv
女の子ですか?男の子ですか?
私もバロンを保護してすぐ連れて行った動物病院の先生も子猫を保護した方への感謝と応援の気持ちで無料にしてくれました。
それからずっとその先生のところに通ってますが、そういう親切って本当にうれしいですよね。私はその先生のおかげでがんばろうという気持ちになりました。
この子もこれから大きく元気に育つといいですね!
Posted by 男爵ママ at 2006年09月29日 14:19
みるさん、おひさしぶりです。
ブログ更新されない間も毎日ポチッと押して見に来ていましたよ。

メルちゃんと一緒の落ち着いた生活を
取り戻されたようで安心しました。

ブログに時間とられちゃうよりも、
メルちゃんと遊ぶ時間の方が大切ですものねー(笑)。
みるさんの一人娘、かわいいなぁ♪

あれ?みるさん・・・・。
メルちゃんをゲージに入れるよりも、
仔猫ちゃんをゲージに入れないと、
メルちゃんが嫉妬しますよ。
新猫が来た時には旧猫をいつも以上に
可愛がってあげないとね♪
留守番中も「仔猫をゲージ」が基本ですよ。

飼育の件でわからないことがあったらいつでもメールくださいネ。
がんばれ、みるさん。
Posted by ひめまる at 2006年09月29日 17:13
>男爵ママさん
私も何か運命的なものを感じていてもたってもいられませんでした

獣医さんに性別はどっちかとか生まれてどれくらいなのか、オロオロしてて聞くの忘れていました( ̄▽ ̄;
女の子…のような気がします
このくらいの大きさでもやっぱり男の子だとはっきりわかるのですかね


>ひめまるさん
毎日心配して未に来てくれてありがとうございます
そして、更新しばらくなくてすみません…

仔猫の大きさ的にケージの枠の隙間にはまってしまいそうな心配もあったり、
もうずっとトイレはケージの中においてあるので別のところにおいてもちゃんとしてくれるか 
というのがあって、こういう状態になってしまいました( ̄▽ ̄;
Posted by みる at 2006年09月30日 03:00